Game Research Creators' Blog!!

過去と未来を縦横無尽に飛び回る。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
githubのアカウントを作ってみた
温泉 どうも、hiryuhです。
いまさらというか、ようやくというか、githubのアカウントを作ってみました。
1分で作れてビックリ。
さっそくgistを使って随分前にあげた、
enchant.jsのmapクラスの矩形当たり判定をあげてみました。


ちゃんとみえるかな?
うーんちょっと見にくい・・・。
| hiryuh | プログラム | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
【AEn】ゲームエディター開発中
大晦日の狼です!お久しぶりです!えーっと、前の投稿は...

  • 2009.05.02

3年前ー!

はい。
あれから3年wwww
ゲームエディター、仕事の合間を見てはちょっとずついじってて、
今はテキストエディターを同根したところです!

インテリセンスなんかも実装して大変だったんだぜ。
いろいろとサンプルも拡充中です!

ブロック崩し!

シューティング!(?)

アクション!

なんか...なんかこうなんだこれ、エフェクト!

はい。
こんなのが手軽に(?)できます。
HSP知ってる人はわりと感覚近いかもしんない。
   基本グローバル変数だし
   ・型は動的だし

プログラミングなんて知らんて人でも、サンプル動かすだけでも楽しいよ!たぶん!

適当に目に止まったLua言語を採用したんだけど、これ、アイドルマスターにも使われた言語らしい。マイナーだけどそこまでマイナーじゃないっていう微妙な線を突いたようだ。

はい、気になった人はどんどんダウンロードしてやってくださいね!
| 大晦日の狼 | プログラム | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
【iPhoneSDK】デバッグ情報の出力
温泉どうもhiryuhです。
iPhoneSDKが触りたくて仕方なかったのでmacbook買いました。
最近自宅ではほとんどmacしかつかってません。
いろいろ便利なwebサービスも出てきてますし、意外とMACでなんとかなります。

iPhoneSDKは本業が結構あれな感じなので、
一日30分ぐらいしか触れていませんが、
経過メモでもつけてみようかなーとか思い立ちました。
こういうことをマメに書くことで備忘録になる+継続するという狙い。

今日調べたことはiPhoneSDK上でデバッグ情報を出力する方法について。

・C言語ベースなのでprintfは使える。
・MACだと¥nで改行できない。option + ¥でバックスラッシュにしないとだめ。
・NSLogという関数でもコンソールに出力できる。NSLogは改行コードがいらないし、プリントした時刻なども同時に出力してくれる。
・デバッグコンソールはCommand + Control + Rで出せる

ぐらいかな。
超スローペースですが、ぼちぼちやってきます。
| hiryuh | プログラム | 03:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
なにで開発するべきか
温泉hiryuhです。風邪をこじらせました。
ルルを飲んでも直らないようだったら、2〜3日のうちに医者に行きましょう。
こじらせるとなかなか直らないのでだるだるです。はーだるだる。

さて、ひょんなことから開発中のスケジューラー「サスケ」のデスクトップメモ機能を担当することになりました。デスクトップに用事などをメモして貼っておけるアレです。さて、何でつくろうかな〜・・・ということになったのですが、そもそもフリーソフトの開発って何で行うべきなんでしょう。フリーソフトとしては、なるべくあらゆる人に使えるものを作るべきですが・・考えるよりも動け!ということで色々試して見ました。以下雑感です。なにか間違ってる場所があったら指摘していただけると嬉しいです。

■C++/Win32
・必要なもの:基本的にWindowsなら動く。たぶん。
・○:容量が軽い。対象の動作環境が広い。あとなんか0から作る感が楽しい。
・×:一々関数を調べるのがめんどくさい。
   少し例外的なことをやろうとすると極端に情報が少なくなる。
   フック?サブクラス?めんどくさー。

■C++/MFC
・必要なもの:MFCランタイム。大抵のPCにははいっている?未検証。
・○:Apiのメンドイ部分が手軽に出来るらしい。
・×:なんかゴタゴタしてる。多分Win32からの段階的学習が必要。容量が軽く2Mいく。

■C++/SDL
・○:ウインドウ出すのらくらくちーん。え?画像出すのこんなにカンタンでいいの?
   マルチプラットフォーム?マックでも動く?すげええええ!!
・×:あ、あれ・・・・。応用的なことをやろうとすると・・・・・・・。

■VS2003:C# + FrameWork1.1
・必要なもの:FrameWork1.1
・○:なんか色々すっげー手軽。容量も軽く済む。
・×:FrameWork1.1がどれぐらい普及しているのかわからない。
   XMLでラクチンに保存できるらしいんだけど、標準サポートが保存だけ。
   中途半端な!(勘違いだったらごめんなさい。)

06/04/07:追記
・保存対象が限られてる代わりに.NETのお手軽保存形式であるapp.config
→Framework1.0-1.1では読み込みだけ。
・プログラムのデータをXmlに変換するXmlSerializer
→FrameWork1.1から正式にサポートされた。
という情報を混同していました。今度は正確なはず。

■VS2005:C# + FrameWork2.0
・必要なもの:FrameWork2.0
・○:とりあえずIDEがかなり進化してる感じ。VS2005は重いけど使いやすそう。
・×:FrameWork2.0がまだまだ普及してない。まだまだ情報が少ない。

■VS2005:C++/CLI
・必要なもの:FrameWork2.0
・○:VB感覚でフォームデザイナ使いながらC++で書ける!C#的にもC++的にもかける。
   つまり、最先端のFrameWork2.0でC++の過去の遺産が使える!
・×:だからFrameWork2.0がまだまだ普及してないってば!!!

■HSP
・必要なもの:基本的にWindowsなら動く。たぶん。
・○:お手軽!!容量も軽いし、対象の動作環境が広い。
・×:Visualにデザインできないので、座標の調整が面倒。API呼び出すのも面倒。
   デバッカが貧弱。バグとかも・・。

デスクトップメモとしてはバーのないウィンドウをつかんで移動したり、クライアント領域をダブルクリックでモード切替したりと、例外的な処理がほしい。その辺の情報って意外と探してみると少ないんですね。そもそも基礎を飛ばして応用をやろうとしているのが悪いのですが・・。

で、結局C#1.1で作ってしまいました。理由は1.1ならある程度普及しているし、これからもどんどん普及するかな…ということと、C#を使ってみたかったから。加えて、なにより楽だからです。Win32を勉強して同じ機能を実装しようとしたら多分数倍の時間がかかっていたはず。なるべく沢山の人に使えるものを作るというのも大事ですが、挫折しては元も子もありません。自分の力量、持ち時間などを照らし合わせて、程よく勉強しながら迅速に完成させることも大事なことではないでしょうか。ほら、FrameWorkを使うことでその必要性をあげ、普及を促すというのも大事な事ですよ!言い訳ですがね!

それにしても、またまたプログラムよりな話になってしまったなぁ。脳が一般化しません。
いかんいかん。
| hiryuh | プログラム | 14:28 | comments(4) | trackbacks(1) |
終日プログラミング
温泉どうも、hiryuhです。

前回の記事で触れた例のアレもようやく一段落しました。例のアレでは、普通に生活しているだけでは体験することが出来ない貴重な体験をさせていただき、あらゆる面で勉強になりました。未だ地に足が着かない感じですが、もし今頃例のアレに参加せずに家でゴロゴロしていたらと考えるとぞっとします。

さて、今回の件で念願の終日プログラミングを体験することが出来ました。GRCメンバーはそれぞれ異なる学校に通っているため、一日中フルメンバーで顔を合わせて開発に望むことがなかなか出来ません。フルメンバーで一日中開発を行った時にどのような効率になるのか、というのは兼ねてからの疑問だったのです。

して、一日中プログラミングしてみた結果はどうだったのかというと……残念ながら、思っていたより効率が上がりませんでした。

プログラミングというのはいつもスイスイ進むものではありません。時には思い通りに行かなくて悩んだりもします。頭の中で順を追って考えていくと正常に動くはずなのに、目の前のパソコンは冷徹にもエラーを出します。そういう時は大抵、勝手な思い込みが悪さをしているものです。大抵のバグは例えるなら「種をまくのを忘れて土に水をやっていた」というようなものなのです。こういう時は一旦意識を緩めたほうが早く解決したりします。帰りの電車や、夜寝る前などにボーっと処理の流れを考えていると不具合に気づいたりするものです。

終日プログラミングをしていると、意識が離れるスキがありません。同じ問題について、無意識に勝手な思い込みをしたまま、他の部分に誤りがあるのではないかと考え続けてしまいます。なので、8時間ぶっ通しでパソコンに向かうより、2日かけて一日2時間ずつやったほうが効率が良い、ということもありました。

とはいえ、就職して無事プログラマになれたら一日中プログラミングすることになります。5分やそこらの小休憩で気持ちを切り替えられるように訓練していきたいものです。
| hiryuh | プログラム | 00:47 | comments(2) | trackbacks(0) |


+ CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ sponsor

ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS